散歩するカップルと白い錠剤
笑顔の男性

年齢を重ねれば勃起不全のリスクが高くなりますが、年齢のせいだと諦めてしまう前にやるべきことは複数あり、そのひとつが原因を確認してから適切な対処法を選んでいくことで、早い段階で対策を始めるほど効果的です。EDの原因として非常に多いのは血行障害であり、下半身に瞬間的に血液を送り込むことができなくなると半立ちを招くようになり、症状が進行していくと挿入自体が困難になるケースもあるので、勃起力の変化には要注意です。加齢に伴って少しずつ減退していく場合は緩やかに勃起力が低下していきますが、短期間で急激に減退してしまう場合においてはメンタルの影響が絡んでいることが多く、何らかの不安やコンプレックスが考えられます。

早漏や短小などは男性にとって大きな悩みであり、これらに引け目を感じていると女性を誘うことを躊躇したり、性行為の最中に萎えてしまったりする可能性がありますので、メンズクリニックで早めに治療を受けてください。クリニックでは医学的根拠に基づいた対応を行っており、早漏なら治療薬で対処できる時代になりましたし、短小は増大術や包茎手術などによって解決できるケースが多く、解消できない下半身の問題はありません。包茎もEDの原因になることが多々あり、相手女性から包茎であることを指摘されて自信をなくし、それによって性的興奮を受けている状況においても、不安や悩みから陰茎が十分に立たなくなるケースはよくあるのです。

男性は女性より精神的に傷つきやすいと言われており、ちょっとしたきっかけにより不安や悩みを抱えてしまい、女性と正常な性行為ができなくなるケースがあり、こうした心因性の症状はメンタルの安定化が対策の鍵です。人間の身体はメンタルの影響を非常に受けやすく、心身が不安定になっているときは身体本来の機能を発揮できず、これは下半身の悩みにも共通することですから、EDに影響する症状はすべて解消していく必要があります。ひとたびEDになると性行為の成功率が低下してくるので、そのたびに落ち込んでしまうことが多く、自分から性行為を避けるようになったり、パートナーから避けられるようになったりする場合もあるので早期改善が必要です。

血行不良に伴ったEDの原因には成人病が関連していることが多く、不規則な生活を続けている男性ですと20代~30代くらいから勃起不全が発生する可能性がありますので、まずは成人病の対策を心がけてください。肥満の人はEDのリスクを非常に高くしますので、身長に見合った適正体重まで落としていく必要があり、肥満を解消せずに放置しておくと脂質異常症や高血圧・高血糖などを招いて、さらにEDの危険性を高めてしまいます。健康診断や人間ドックで要注意・要改善とアドバイスを受けた男性はEDの原因を抱えていると考えられますので、医師の指導に従って健康数値を改善していき、性的興奮を感じたときにダイレクトに勃起するようにしましょう。

勃起力は男性にとってステイタスであり、平常時の陰茎の大きさよりも、勃起時の膨張率と硬さのほうが重要になりますので、まずは性行為を成功させること、パートナーを喜ばせることに専念するように徹底してください。女性を喜ばせることは男性の役割であり、これは性行為の主導権を握るのが男性であるためで、毎回のように性行為で失敗をして射精しない、または女性をオーガズムに導けないと健全な性生活を送ることができないです。女性の満足度を決めるのは男性の勃起力に依存する部分が大きいので、EDに悩んでいる男性は医療機関で検査を受けて原因を正確に特定し、そのうえで症状に合わせた対策を実践して勃起不全を解消させてください。