• ホーム
  • セックスの機能を高めてくれるツボとその刺激方法を調べてみよう

セックスの機能を高めてくれるツボとその刺激方法を調べてみよう

年齢とともに精力が衰えていくのは当たり前のことであり、今までと同じ生活を続けている以上は年齢に比例して精力は減退するので、精力を維持して快適なセックスを楽しむためにはプラスアルファの対策が必要になります。腎兪と呼ばれるツボは腎臓機能を活性化させるために最適で、骨盤と背骨が接触する部位に位置しており、ここを刺激することにより腎臓が元気になるだけでなく、男性機能を向上させるためにも役立つことがわかっています。腎兪を刺激すると男性の精力が強くなるだけでなく、女性ならではの疾患を抑制する働きもありますので、男女を問わずに性生活を活発にするためにおすすめで、定期的に刺激しておけば精力減退の予防ができるでしょう。セックスが弱くなってきたと感じる年代には個人差がありますが、不規則な生活をしている人ほど若い年齢で実感することが多いため、生活習慣の改善をするとともにツボ刺激をして精力を回復させる対策がおすすめです。

合谷は親指と人差し指の骨が交差する部位からわずかに人差し指に近いところに位置しており、ここを刺激すると血行を促進して勃起力を高められるので、半立ちで十分な快感を得られない男性はぜひ試してみてください。勃起力を高めることは男性だけでなく女性にも大きなメリットがあり、交わりをよりダイレクトに感じられるようになり、快感が増大するだけでなくオーガズムの質が向上しますし、半立ち・中折れ対策にもおすすめです。合谷を刺激すると陰茎海綿体の膨張を促進でき、性的刺激に対して陰茎が速やかに反応するようになりますから、最適なタイミングで最高のセックスを楽しめるようになり、今まで以上に充実した性生活が実現するでしょう。

商陽は人差し指の爪の付け根から、3mmほど親指よりのところに位置しており、ここを刺激すると血行が促進されて勃起力がアップし、射精コントロールをしやすくなることでパートナーのオーガズムに合わせやすくなります。商陽のツボは女性側の感度を高めるためにも役立ちますので、互いにセックスをしたいと思える状況を作り出し、性的興奮を高められるのでセックスの快感・満足度をより高めて身も心も満足させることができるでしょう。ツボ刺激でセックスの機能を高める方法はお金をかけずに実践できますし、毎日刺激することにより性機能を維持できるようになるので、10年後も快適なセックスライフを楽しみたい男性とパートナーにおすすめの対策です。