• ホーム
  • レビトラの服用で吐き気が起こることもあるの?不具合が起きた場合の対処法を知る

レビトラの服用で吐き気が起こることもあるの?不具合が起きた場合の対処法を知る

喫茶店でコーヒーを飲むカップル

レビトラを服用すると胸焼け・胃部不快感などが発生するケースが稀にあり、人によっては吐き気を感じることがあるので、もし吐き気が生じるようなら医師に相談をして治療薬の処方を受けるなどの対処をしてください。レビトラなどのED治療薬には併用禁忌成分が存在しますが、それらに該当しなければ併用しても問題ありませんので、胸焼けや胃部不快感・吐き気が生じたときは、これらを解消するための薬剤を適切なタイミングで服用します。

レビトラを服用してからすぐに吐き気が生じる場合と、翌日に生じる場合とでは治療薬を服用する時間帯を変える必要があり、これは医師と相談をしながら決めていく流れになるので、吐き気のタイミングを把握しておきましょう。基本的にはレビトラを服用してから少し時間を置いてからの服用になりますが、吐き気がすぐに生じるという人に対してはED治療薬と同じタイミングで服用したほうがよく、吐き気の出方を見ながら模索していくのが得策です。吐き気を治療する薬に関しては価格はそれほど高くはなく、レビトラが1800円程度するのに対して、100円程度に抑えられていますので、両者を併用しても経済的に大きな負担になることは少ないので安心してください。

レビトラを服用すると胃酸が活発に分泌されるようになり、それによって胃がダメージを受けて吐き気や嘔吐感などを伴うことがあり、これらは一過性の症状のため大きな問題はありませんが、つらいようなら対策が必要です。もし副作用が強く出るようならば、用量を減らしてみる対策が効果的ですから、普段は20mgを服用している人は10mgに変えて様子を見てみるのがおすすめで、日本人の場合は10mgで効果に不足がない場合が多いです。

ED治療薬は有効成分量が多いほど効果的なのは間違いありませんが、副作用の大きさにも関係してきますので、自分にとってベストな用量を模索していく必要があり、これは自分の身体で確かめるしかありません。10mgで問題なく勃起力を発揮できるのであれば、20mg錠をピルカッターで半分に割って服用すれば治療費を大幅に抑えることができますし、割ることによって作用に変化が生じることもないので心配はないです。ED治療の要はED治療薬になりますが、最終的に薬を使用せずに性行為できる状態に変えていくのが好ましいため、当初は20mgの用量で服用している人に関しても、段階的に10mgに減らしていく対策をおすすめします。