• ホーム
  • レビトラは医療機関に行かなくても通販で購入できる?正しい買い方を知る

レビトラは医療機関に行かなくても通販で購入できる?正しい買い方を知る

ロマンチックなカップル

本来ならレビトラを購入するためには医療機関で問診を受けて、それから医師と相談をしながらED治療薬の種類を決めていく流れになり、ドラッグストアや薬局などで気軽に購入できる一般用医薬品とは根本的に異なります。医師の処方箋が必要になる理由は簡単で、服用してよい人・よくない人が明確に設定されており、かつ正しく服用しないと重大な副作用が生じる可能性があるためで、気軽に購入できる一般用医薬品よりリスクがあるのです。ただ過去に医療機関でレビトラの処方を受けていた人ならば、特別な入手ルートとして個人輸入を活用する方法もおすすめで、オンラインの個人輸入通販サイトから注文するだけなので、いつでも気軽に入手できます。

個人輸入通販サイトは通常の通販サイトと混同されますが、後者は医療用医薬品の販売はしておらず、あくまで取り扱いをしているのは一般用医薬品になりますので、レビトラを入手するには個人輸入通販サイトを利用します。医療機関でしか処方されない薬を販売しているサイトですが、自分で使用する目的で購入する分には合法であり、実際に自宅から遠すぎて医療機関に通えない人、少しでも安くレビトラを購入したい人などが利用しているのです。EDの原因の多くは血行不良や心因的な症状にあり、レビトラを服用してもこれらの原因を取り除けるわけではないので、ED治療は生活習慣を改善しつつED治療薬を服用するという長期的な流れになるので継続が必須です。

個人輸入通販サイトを活用すれば、自宅のパソコンやスマホから気軽に注文できますし、ほとんどの会社が梱包に気を配ってくれますので、自宅にED治療薬が届くという事実を家族や配達員に知られる心配がありません。個人輸入を推奨する理由には価格の安さもあり、医療機関で購入するよりも安価に設定されており、さらに個人輸入代行会社によって独自の割引システムを導入するなど、継続的に利用する人ほどお得な仕組みになっています。

国内のサイトと異なる点はお届けにやや日数を要することですが、これは早めに注文しておけば問題ないことですから、使い勝手の面から見ても国内の通販サイトと同様、もしくはそれ以上の利便性があるのです。通販だと偽物を購入してしまうリスクがあると考える人もいますが、大手や著名な個人輸入代行会社を利用していれば問題はなく、これらの会社は正規品を入手するルートを確立しているので、常に正規品の購入が可能です。